株式会社 高知丸高

基礎工事のパイオニア難工事に挑戦する

橋梁点検自航艇

橋梁点検自航艇

50年以上の橋梁に対して、5年に一回の近接目視点検が義務化された。又、豪雨に耐えられなく流された橋もある。橋梁の安全性を確保するため、定期点検の実施や補強工事が必要とされる。橋上から点検補修は通行止めなど、周辺交通への影響が大きく、また足場等の設置費用も高額となり、工事期間も長くなる。水上橋梁点検自航艇の使用により、無駄な作業スペースを必要としない。また、道路上の点検方法と違い、水上を移動することにより、通行制限なく、作業を行うことが出来る。

Under Bridge Inspection and Repair

For bridges are over than 50 years ,at least once in 5 years must be subjected to strict inspection.Some bridges are even swept away caused by torrential rain. Periodic of inspection shall be conducted for make a safety bridge. Do the inspection on the bridge it will have a huge impact on traffic arround, extended period of time ,and also cost of the construction become more expensive. (Under Bridge inspection is recomended).    This boat can moving by itself on the water during inspection and working without traffic restrictions.