株式会社 高知丸高

基礎工事のパイオニア難工事に挑戦する㈱高知丸高

自走バックホータイプ テーブルマシーン工法

自走バックホータイプ テーブルマシーン工法

主な特徴

・長尺杭削孔施工可能
・自走式であり足場を必要とせず芯出しが簡単である
・小型な施工機
・シルト・礫・転石・岩盤までオールラウンドな掘削能力を持つ
・高い鉛直精度が得られる

自走バックホータイプ テーブルマシン仕様
総重量 22.5t
全長(輸送時) 9,830mm
全幅 2,990mm
旋回半径 2,970mm
旋回速度 11.1rpm
走行速度 4.2kW/h
登坂能力 70% 35°
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
    ※履板突起を含みません(単位/mm)
  • Slide image
    ※履板突起を含みません(単位/mm)

0.9バックホーのバケットを取り外し、同箇所に油圧式テーブルマシーンを装着し、ダウンザホール削孔を行う。当機種の特徴として、
1.自走式の為、バックホーが走行可能な基盤であれば、搬入・施工が可能である。
2.バックホー本体より、アーム長により作業半径が広く取れ、上段・下段作業も可能である。
3テーブルマシーンの駆動源をバックホー本体より取る為、発電機等の付帯設備が必要なく、又、騒音防止ともなる。