株式会社 高知丸高

基礎工事のパイオニア難工事に挑戦する㈱高知丸高

ロックオーガ工法(鋼管杭中掘先行掘〔大口径〕)

ロックオーガは、高出力・大重量に耐えるように設計された専用リーダーを備えた全装備重量100t以上の3点式パイルドライバーをベースマシンとし、モーター容量90kW~264KW 重量6.5t~16tという大重量掘進機構を装着している。

オーガ掘削工法

本工法は、岩盤用アースオーガ機により岩盤削孔・転石の破砕・地中障害物の破砕などを行う工法である。掘削ズリはスクリューにより地上に搬出する。
オーガ機の削孔方法には次の2方法がある。
1.ロックオーガ工法
オーガ先端に取り付いた特殊刃先により岩盤等を削孔する方法。
2.ダブルオーガ工法
互いに逆転する外側ケーシングの先端に取り付いた特殊刃先及び内側オーガの先端に取り付いた特殊刃先により岩盤等を削孔する方法。

特長

掘削時に泥水を必要とせず施工が単純で、高い精度が得られ低騒音・低振動工法である。

  • Slide image
    ロックオーガ工法
  • Slide image
    ダブルオーガ工法掘進機(セパレータ併用)
  • Slide image
  • Slide image