株式会社 高知丸高

基礎工事のパイオニア難工事に挑戦する㈱高知丸高

ONS工法(鋼管柱列土留壁工法)

ONS工法(鋼管柱列土留壁工法)

概要

ONS工法は、地下掘削工法として開発した鋼管柱列土留壁工法であり、その特徴は、鋼管に取り付けられた継手をガイドに削孔市、そこに鋼管を連続的に建て込みむことで鋼管と鋼管が図に示すような継ぎ手によって連結され、従来の土留壁のような不完全な連結方法や、施工不良による掘削途上での漏水、背面土砂の流出等の心配が解消された工法である。
高い施工精度が維持され、止水性能に優れた土留壁を造成することができます。
ONS工法は、セメントミルクを注入攪拌するとともに削孔した後、ただちに鋼管を建込むだけで造成できるため、場所打ち方式の工法や他の鋼管矢板工法に比べ、施工能率が高く施工後の養生も短時間で済むので工期の短縮が図れます。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

特長

1.低騒音・低振動で確実な施工ができる
2.止水性に優れている
3.敷地を最大限に利用できる
4.土留壁の信頼度が高い
5.工期の短縮が図れる
6.外型枠として利用できる

摘要範囲

ONS工法に用いる芯材は、工場で製作されたスパイラル鋼管を用いており、施工条件、設計モーメントと合わせて使用できる。
本積算資料は芯材としての鋼管にφ500mm~φ700mmを使用(その挿入間隔は鋼管径+90mm)する場合に適用し、それぞれの掘削径は鋼管径+250mmを標準とする。

機械及び装置

機械及び装置は、地盤条件・施工条件に適合したものを選定する必要があります。

用途 機械名 機種 台数 重量(t) 使用電力(KW) 起動電力(KW)
掘削混練機 ベースマシン DH308-85M
DH508-105M
DH608-120M
1
アースオーガ SKC-80VW
SKC-100W-Ⅱ
SKC-120VW
1 85
105
120
定格出力の1.8倍
オーガースクリュー SP6-120 1 7.3 55 100
オーガーヘッド SP6-120 1 7.3 72 130
スタビライザー 1 9.2 90 162
調合プラント ポンプユニット
(グラウトポンプ)
ミキサーユニット
(グラウトミキサー)
全自動プラント
(SHP-24A)
1 10.8 33.9 33.9
セメントサイロ 30t 1 空体4.5 6 6
建込機 クローラークレーン 35~60t吊 1 36.9~57.0
洗浄 高圧洗浄機 2 0.14 5.5 5.5
給電 発動発電機 200~300KVA 1 4.0~5.1
泥土処分 バックホウ 0.4m3 1 12.2
ダンプトラック

注:表中のベースマシン重量は走行可能総重量を示す
機械足場に使用する養生鉄板を別途計上する
給水量が200リットル/minを満足できない場合は水をストックする鋼製タンクが必要

施工例

工事名 札幌地下鉄東豊線栄町工区
工事場所 札幌市
寸法・本数 杭径φ609.6mm×厚6~18mm×杭長24~29m・577本
施工面積 10,600m2