株式会社 高知丸高

基礎工事のパイオニア難工事に挑戦する㈱高知丸高

PIP工法

工法説明

ケーシングオーガにて、土中を基準高まで削孔し、土砂をスクリューにて引き上げ、セメントモルタルをスクリュー先端より液等を吐出させて1エレメントの壁体の削孔モルタルを行い現場の造成のモルタル壁を造成し、各エレメント壁をラップさせることにより一体の壁体を造成する工法である。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

施工実績

工事名 山下雨水感染管渠築造工事
工事場所 高知県須崎市
深さ 9.0m
芯材 9,0m・H300×150

カタログページへ