株式会社 高知丸高

基礎工事のパイオニア難工事に挑戦する㈱高知丸高

鋼管杭キャップ工法

仮桟橋・仮構台

工法説明

鋼管はH鋼より剛性が高いため、仮桟橋・仮設構台の支持杭をH鋼から鋼管杭に変えることにより、支持杭の本数を少なくすることができる。また、10.0m以上のスパン長でも施工可能であるため、河川等の仮設工事において採用されている。この工法は、従来工法(H鋼杭)と比較して安価であり、架設、撤去が早いという特長がある。鋼管杭上部は、キャップを乗せてボルトで締付固定するため、再利用が可能である。
補強用のブレスは、当社開発のワンタッチ伸縮梁を使用するため、全てリース扱いが可能である。

  • Slide image
  • Slide image
    架設状況
  • Slide image
    撤去状況
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
    上部工架設状況
  • Slide image
    杭頭キャップ・横桁・主桁取付状況

特長

  • スパン長(杭ピッチ)を長くすることが可能(最長支間長実績16m)
  • 杭の本数を減らすことによりコスト削減・工期短縮
  • 脚長15mまでは原則ブレス・水平材不要
  • 杭数減・下部工不要による阻害率減少 環境に優しく安全性向上
  • 杭打の種類が色々あるので比較的小さな機械で施工可能
  • 勾配や幅員を自由に調整できる

カタログページへ